ニュース・お知らせ・中古ボード

工場見学

こんにちは、沼田裕一です。

少し前ですが、工場の方にお伺いした時、奥の部屋を覗いたらラミネートをしていました。


自分の持論でもありますが、ボードというのは基本的にシェイプで決まると思います。

ですが、そこから先の工程もまたかなり重要だと感じます!

おおざっぱにラミネート、フィンアップ、サンディングとあります。
その間にもいくつかありますが、ざっくりこんな感じだと思います。

ラミネートが良いと軽くて強度があり、意外とデッキのフットマークもそれ以上凹まないです。(強度に関しては限度はあります。)




そしてフィンアップもまた角度など微調整があるので、これも難しい作業です。

いずれも樹脂に硬化剤を入れているので、時間との勝負になります。


最後にサンディングでいわゆる仕上げまでになります。
サンディングもまた、シェイプした状態を再現しなければならないので、気を使う作業です!


ざっくりこんな感じで説明してみたのですがいかがですかね?

良いボードを作るって、シェイプだけではなく、その後でも決まる事もあるので気にしたいところです。

s-shapesも一本一本丁寧に扱っていますので、状態もものすごく良いです!

ぜひみなさんに乗って頂けたら幸いです^_^


よろしくお願いします!

共有して下さい

  • LINEで送る

インスタグラム

コメント
コメントする








   

このページの上に戻る▲

エス・シェイプスサーフボード