ピックアップ

EPS(イーピーエス)キャンペーン

ニュース・お知らせ・中古ボード

2017年モデルについて

 

エス・シェイプスユーザーの皆様、こんにちは。 Webサイト更新担当のハナです。 今日は、エス・シェイプスの2017年モデルについて説明させていただきます。

 

まず、エス・シェイプスはこの春に2017年モデルとして特にニューモデルは出しません。ニューモデルを期待していた皆様、本当に申し訳ありません。

 


エス・シェイプスでは、インターネットの普及とウエットスーツの進化により、「春にニューモデルを発表するメリットがなくなった」という結論にたどり着きました。まず日本のサーフボードメーカーが「春にニューモデルを発表する」ということが常識になった理由について、エス・シェイプスなりの考えを書かせていただきます。

 

春にニューモデルをリリースするということが、サーフボード業界の常識となった大きな理由として、サーフィン雑誌の「カタログ号」の存在がありました。春に毎年発売される「カタログ号」は、多いときは3〜4誌ほど発売されていました。インターネットが無かった時代、この「カタログ号」でニューモデルを発表することは、サーフボードメーカーが多くの人にニューモデルを知ってもらうためにとても有効な手段でした。ほかに、ニューモデルを発表する場も特にありませんでした。

 

また日本全国のサーフショップのオーナーや店長が、サーフボードメーカーのブランド力や勢いを、この「カタログ号」に、「そのブランドがどれだけ載っているか?」により判断していたため、「サーフィン誌には広告を出さないが、カタログ号だけにはニューモデルを掲載する」という考えを持っているサーフボードメーカーが多く存在していました。「今年のカタログ号で、あのメーカーが1ページから2ページになっている!」とか「あのメーカーが載らなくなっちゃた!」とかですね。このようなことから、サーフボードメーカーが、この「カタログ号」でニューモデルを発表するということには、大きなメリットがありました。

 


また、ウエットスーツの進化もこの常識に影響していました。ウエットスーツに真冬の冷水がガバガバ入ってしまう時代は、冬をオフシーズンとし、冬の期間はまったくサーフィンをしないサーファーが多くいました。そういったサーファーがサーフボードを購入するのが夏のボーナス時期で、この時期に合わせてサーフショップがサーフボードの品揃えをよくするために「カタログ号」を参考にしていました。

 

寒い冬が終わりに近づき、サーフシーズンの始まりだす春にサーフボード選びを開始するサーファー。春に品揃えを充実させたいサーフショップ。春に向けてオフシーズンのうちにニューモデルを開発したいサーフボードメーカー。この3者のニーズが完全にマッチし、「カタログ号」はとても売れていました。

この必勝パターンは長く続き、日本の多くのサーフボードメーカーは、この「カタログ号」の発売に合わせたモデルの開発を行ってきました。しかし、ウエットスーツの進化により1年中サーフィンが快適にできる環境が整ってきました。それによりオフシーズンという概念が少なくなり、サーファーは1年中サーフボードを購入するようになりました。またインターネットの普及によりサーファーはサーフボードメーカーの Webサイトを見るようになり「カタログ号」に掲載するメーカーも減ってきました。エス・シェイプスも数年前から「カタログ号」への掲載を見合わせています。ただ、春にニューモデルを一斉にリリースするという常識は、サーフボード業界に未だに残っています。

 

 

エス・シェイプスでは、サーフィン業界に限らず他業種の方々とディスカッションを重ねた結果、この常識が世の流れと合っていないと判断し、春にニューモデルを一斉に発売するという日本のサーフボード業界のサイクルから抜け、海外のメーカーの多くが採用している「ニューモデルが完成した時点で随時発表する」というサイクルに変更することになりました。これは、1年に1回ニューモデルを数種類発売するという開発ではなく、1つのモデル開発に時間をかけ、テストを繰り返し、佐藤伸夫が納得のいくレベルまで到達するサーフボードを開発していくということです。

 

これには、いくつかメリットがあると考えています。
・世界のサーフボードデザインの流れに随時対応し、いつでもモデル開発を開始できる。
・テストを何度でも繰り返すことが可能で、完成度の高いモデル開発が可能になる。
・モデル数が多くならないので、サーファーがモデル選びに迷わない。
・1つのモデル対してのフィードバックが多く集まり、多くのフィードバックを開発に活かすことができる。

 

もちろん現行モデルのバージョンアップも随時おこない発表していきます。現行モデルに関しては、随時細かい微調整を繰り返しており、特に公表はしておりませんでしたが、今後は細かくバージョンアップの内容をWebサイトやSNSを通じて公表し、その進化具合を説明させていただきます。


ニューモデルを期待されていたエス・シェイプスユーザーの方には本当に申し訳ありませんが、佐藤伸夫が目指す「サーフボード造り」をご理解いただき、今後ともエス・シェイプスをよろしくお願いします。


共有して下さい

  • LINEで送る

インスタグラム

コメント
コメントする








   

このページの上に戻る▲

エス・シェイプスサーフボード